読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自衛隊って強いのか?(書評:日本の戦争力)

「日本の戦争力」 小川和久(聞き手坂本衛) 新潮文庫

何か忘れたけど「読書はいいんだぞ」と主張する本で勧められていたので読んでみた

完成度:4 有用度:5 わかりやすさ:5 総合評価:5

 

人よりは本を読んでる自覚があるが、

いまだに「成功したいなら読書しろ」とか「まずは100冊読め」みたいな

テーマの本を読むのは、大抵著者がおすすめする本のコーナーがついてるからだ。

このブログでもちょいちょい本選び失敗談に触れてるが、

自力でよい本を見つけるのって大変なのだ。

 

さて、そもそもここ1年くらい歴史とか経済とか哲学とかの本を

意識的に読んできたのだが、

それは学生時代は理系専攻だったのでその穴埋めを、という意識と、

まさに「成功したいなら読書しろ」本に書かれていた歴史と軍事と哲学と生物を読め、

という主張がマッチしたからだ。

 

それで今回は軍事の本。

今まさに北朝鮮が日常のトピックになっていて、

ニュースやワイドショーでは不安を煽る似たような情報が振りまかれているが、

そういうのに慌てている方にはぜひおすすめしたい本である。

 

全体はQ&A式になっているのだが、

トピックが細切れになっているので非常に読みやすいうえに、

読者対象が普通の市民に設定されているため

「そもそも自衛隊ってどういう組織なの?」とか

「沖縄の基地問題って何が問題なの?」のような

われわれの日常問題に根差している質問なのでとても役立った。

 

よく日本はアメリカの言いなり、という主張がされる。

まぁ実際そうなのかもしれないが(笑)、

アメリカにとっての日本は単なる子分という立場にはなりえない。

 

在日米軍の規模は世界最大であり、

アメリカにとってはロシアや中国をにらむ最前線にあたる。

それと同時に地球の半分を管轄する世界最大最強の艦隊に

母港を提供しているのが日本なのだ。

つまり仮に日本が米軍を追い出すようなことがあると、

米軍は世界の覇権を完全に失う。

 

また、集団的自衛権について議論される自衛隊だが、

この本を読むまでは、自分は自衛隊ってやらないだけで実は強いんでしょ

って思っていたのだが、結構違うみたいだ。

自衛隊というのはまさに憲法9条の落とし子で、

侵略する能力を一切有していないらしい。

一方で、領海・領空に入ってきた敵を振り払う力だけは世界有数の能力なのだ。

 

文中では水泳だけ得意なトライアスロン選手にたとえられていたが、

侵略戦争の場合には、まず制空権をとって陸上部隊を攻撃するのが基本となるのだが、

自衛隊は当然空爆の能力を持ってない。

そして陸上部隊を輸送する能力も持っていないのである。

当然、敵地への侵略などできない。

 

つまり集団的自衛権(同盟国が攻撃された場合に敵国を攻撃する権利)といっても、

自衛隊はそもそも敵を攻撃する能力はない。

やるとしたら後方支援になるわけだ(だから頑張っても世界からは見くびられる)。

 

そんでもって、そんな自衛隊だから米軍という槍が必要なのである。

著者としては、アメリカ側としたら太平洋戦争で大暴れした日の国に

自由に軍事力を持たれるのはおぞましい、という考えもありそうとのことだ。

いずれにせよアメリカが在日基地を手放すなんてことはありえないため、

日本はアメリカに対してもっと強気になってもよさそうだ。

 

問題の北朝鮮についてだが、

肝心の核を積んだミサイルを打たれたら防げるのか、

という疑問については、明言されていなかった。

ただ強調されているのは、北朝鮮は打ったら終わりだぞ、ということだった。

先制攻撃されたらソウルは火の海だ、と北朝鮮は豪語しているが、

実際はソウルが火の海になる前に1発撃った直後砲門がすべて爆撃されるため、

火の海とまではいかないらしい。

とはいえヤケを起こされたら大変なので、

政治システムでなんとかせいというのが著者の主張。

 

そのほかにも自分のストライクゾーンにバシバシくる内容が多かったので、

こんな時世でもあるのでお勧めしたい。

ニュースで変な報道がされるのは日本人に知識がないからだ、

という著者の意見もあって、ただの平和ボケの空想論をおもうだけじゃなく、

真っ当なことを評価できるようにならんとなぁ、と思うのである。

 

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

【中古】 日本の戦争力 新潮文庫/小川和久【著】,坂本衛【聞き手】 【中古】afb

価格:108円
(2017/4/29 11:50時点)
感想(0件)

失敗の本質 [ 戸部良一 ]

価格:822円
(2017/4/29 11:50時点)
感想(83件)