読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

不思議の勝ちと迫りくる崩壊 2017/04/18

E2-0L

勝ち 辛島

負け 高橋光

 

辛島-森原-ハーマン-松井裕樹の0封リレーで勝利。

自他ともに勝利の方程式の登板過多がわかっているうえでの投入だったが、

2点差だったので致し方ない。

ただ、確実に勝ち継投に疲労はたまり続けているので、

あとのしっぺ返しがただただ怖い。

 

打線は10安打したものの2得点。

結構チャンスはあったのだがつながらず、1点は内野ゴロの間の得点だった。

いつもなら2桁安打で2点と聞くと「あ、負けたんだ」と思うのだが、

首位の勢いなのか勝てちゃったのだ。

 

どうも西武のいい当たりがことどとく野手の正面を突いた感もある。

ただ、好調西武打線にピッチャーも致命的なコントロールミスはしていなかったので、

この結果になったとも考えられる。

守りづらい球場ではあったろうが、随所にいい守備も見られた。

8回裏がひとつの山場で、ハーマンが先頭の直人に2塁打を打たれ嫌なムードだった。

次の打者 木村に対しては粘るところを直球で押してセンターフライ。

 

外国人ピッチャーだと剛速球でノーコンタイプが定番だが、

ハーマンはカーブを交えた投球スタイルでフォアボールが少ないし、

木村に対してもゾーンで勝負しており、相対したときの絶望感はないものの

とても安定感がある。

先発にしても面白いのかもしれない。

 

ここで辻監督が勝負に出て、代打山川。

調子が良いらしく1発が出れば同点のケースだったが、

真ん中に入ったボールを思い切り引っ張られた。

凄い速度で三塁線抜かれたと思ったら、

ウィーラーがぎちっと閉めていて難なくさばいた。冷汗。

最近、ウィーラーの守備が良くて助かる。

 

続くバッターにも代打策。

つなげられればトップの秋山に回っていよいよまずくなりそうだったが、

レフトフライに討ち取ってチェンジ。

ハーマンなかなか崩れない。

終盤無死2塁のチャンスに懸命の代打策も実らず得点できなかったライオンズサイド。

これで決した感もあった。

 

イーグルスも散々チャンスを逃した場面があったわけだが、

それでも流れがどちらかに傾くこともないままに終わった試合に思えた。

しかし両軍四球が1つずつとかなり締まった展開だったので、投手戦ともいえる。

勢いの差で勝った感じだ。

 

打線のチャンス逃しや勝ちの付く5回の投球など

揺らめくポイントはあったはずだが、

黙々と自分の仕事をやり遂げた辛島はあっぱれだ

(もう1イニングいってくれてたら文句なし)。

 

さて、明日は則本。

今日のように投手戦になればまだいいのだが...

 

にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村

楽天イーグルス MyHEROタオル2016辛島航#58

価格:1,000円
(2017/4/18 23:37時点)
感想(0件)

楽天イーグルス Majestic[マジェスティック]MyHEROユニフォーム《ビジター》岡島豪郎#4

価格:8,500円
(2017/4/18 23:38時点)
感想(0件)