読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

梨田監督の冴える采配 土壇場でまた...

今日は前半スマホで点数だけ確認しつつ、

映像を見たのは7回終了から。

おかげでおいしいところだけ観てしまった。

 

序盤から連敗ストップに燃えるオリックス 西にうまいように抑えられ

0-4で迎えた8回表、

西といえば制球力で相手を手玉にとるピッチャーだが、

トップバッターは楽天打線随一の粘っこさを誇る嶋。

 

2ストライクまで攻められながらも、ファール、ファールと粘ってフルカウント。

四球を恐れたか甘く入ってきた直球をクリーンヒット、西の頭上を越えていった。

他のバッターがあっさりやられたために

8回まで87球、完封も見えていたバッテリーにとっては

嫌らしいことこのうえなかっただろう。

 

この粘りで球場の空気が不穏になる。

ネクストバッター、茂木栄五郎。

彼には球数など関係ない。ストライクゾーンの球を打つ。初っ端から。

いつもどおりのフルスイングで打った初球は逆方向。

レフトフライ...?...フェン直...?...スタンドイン!?

恐るべき2年目選手が、球場の不穏な空気をより確かにしたのであった。

 

2-4となって、ここで西は交代。代わってルーキーの黒木。

新人のくせにやけに重用されている。

オリックスブルペン事情はそんなに詳しくないが、

自分としては苦しい采配に映る。

 

押せ押せムードの楽天、次のバッターは2番ペゲーロ。

 オリ 黒木もストレートだけで2-2に追い込むが、

初めて投げた変化球をペゲーロが捕らえてライト前。よほど調子がいいのだろう。

 ウィーラー、アマダーは凡退するものの、

それぞれ6球ずつ投げさせていて黒木の汗を引かせない。

しかもアマダーの打席にキャッチャーが弾いたボールで

1塁ペゲーロが果敢にチャレンジ、2塁を陥れた。

じわじわとルーキーに迫る楽天の猛火。

 

5番銀次も粘る。

2球で追い込まれながらも黒木渾身の球をカットしていく。

ルーキーにはタフすぎる場面、銀次は徐々に自分のバッティングを手繰り寄せていた。

気づけばフルカウント、8球目のスライダー。

甘く入るは銀次の据え膳。

センター前に落とし込んで、ペゲーロが帰ってきた。3-4。

その後、好調今江が連打するものの、島内が凡退してチェンジ。

しかし、茂木からの好打者、恐打者の繋がり、

かなりのプレッシャーになることを再確認。

 

その裏、投手は福山にチェンジ。

開幕から3連投で、本当に頭が下がる。

しかも彼は勝ってても負けてても投げるイヌワシ軍団の遊撃隊である。

3-4とビハインドながらも、追い上げムードに水は差さない。

ヒットを打たれるものの、ゲッツーでクリアランス。チェンジ。

オリックスはムードを貼り返す機会を失する。

 

9回表、オリックスは守護神、平野。

開幕戦では1人別次元のピッチングで楽天打線を切り裂いた。

先頭は8番、岡島。

いい球が投げられているものの、岡島手を出さずにボール先行。

あれ、四球あるぞ、と思ったらストライクでフルカウント。

6球目、打ったボールは平野の足元、抜ける。センター前。

グッジョブ岡島。スタメンを守るために必死である。

 

9番嶋は送りバント。同点のランナーを二塁に。いい味だしてます。

 

1番、茂木。相手バッテリーには初球攻撃の恐怖が染みついている。

いきなりフォーク。なおもフォーク。さらにフォーク。

岡島に対しては直球のみだったのに一転してフォーク連投。

あっという間に追い込まれるが、茂木もフォークに合わせて粘る。

なんとかバットにかすらせたが、結局6球目で空振り三振。

平野が立ちふさがる。

 

2アウトになってペゲーロ。今日3安打。次のウィーラーは開幕からノーヒット。

1塁が空いているが、果たして...。

平野の初球はフォーク。低めでボール。

2球目も落とす。空振り。

どうやらくさいところついてカウント悪くなったら歩かせる算段のようだ。

3球目もフォーク。はずれる。

4球目もフォーク。ちょっと浮いたが外角にはずれる。カウント3-1。

 

フォークというのは結構握力を使うボールだと聞いたことがあったが、

はてフォーク何球続けるのかしら、とふと思う。

まあ茂木にペゲーロだからわかる気もする。

 

ペゲーロへの5球目(平野フォーク7連投)。

ボール浮いた...ペゲーロ振った...ボールは高々と上がる、

オリックスのセンター駿太、こちら向き。「あー上がりすぎたかぁ...」

駿太、振り返る...「え?」

ボールの着地はフェンスの上の上の上....バックスクリーン最上段!!

「ファッ!?」

 

おととい見たような特大弾で5-4。9回2アウトから勝ちをぶんどる。

最後の最後で浮いたフォーク。

どうしてもペゲーロで勝負だったのか...。

 

9回裏はこちらの守護神、松井裕樹

こういう展開には燃える男なのである。

3人ピシャリで、咆哮をあげる。

 

楽天イーグルス、開幕から3連勝。

美馬、辛島、古川でオリックスの表ローテをかち破った。

金・桂馬・歩で飛車・香車・角を取ったようなミラクル。

 

7回までは完全にオリックスだったのに、終盤のちゃぶ台返し

以下、自分の脳内談話

「まじかよ、3連勝かよ」

「8回の嶋から、みんな勝つにはこれしかない!っていうことをやり通したね」

「この感じさぁ」

「あーこれねー」

「「2013年」」

 

まぁまだ3戦目。

そして次は同じく3連勝ホークスのエース3連続。

3タテされるのもしょうがない組み合わせだが、

ここでゆずればホークスの独走が止まらなくなる。

やるっきゃないぜ?

 

この3連戦振り返ると、2番からの外国人トリオが奏功している。

とくにペゲーロの調子のよさに助けられているが、

トリオの後に銀次・今江と続くのもエグイ。

今のところ守備にもほころびはなく、梨田監督の策がはまっている。

 

一方のオリックスはルーキーに頼りすぎたり、

バッテリーの配球でちょっとおや?というのを感じる(自分は野球未経験ですが)。

活きのいいルーキーに活躍の場を与えるのはいいが、

いきなり重い場面で登板させられて、

緊張する上に打たれてしまえば

(プロの実力に自分は見合ってないかもと感じさせてしまったら)、

才能ある若手の芽を摘んでしまうことになりかねない。

(実際、開幕戦でリリーフして負け投手になった澤田は2戦目でも打たれてしまった)

 

一方の梨田監督、1軍にあげた新人の森原・高梨・菅原を

プレッシャーの少ない場面で登板させて結果を出させている。

濱矢は今日も投げさせて微妙だったが、次につながる登板だったはず。

 

開幕前、梨田監督は

「これまで率いてきたチームは2年目に優勝させてきた。信じてついてこい」

と言ったとか。

これまでまったりした発言が多かったのに

急にこんなこと言われたらドキンとしてしまう。

 

そのほか、雑感。

ウィーラーはまだ安打がでてないが、

ベンチではしっかり盛り上げ役をやっていて腐っていない。

打球の角度はあがらないが、いい当たりも出てきているので開花までもうちょいかな。

茂木の守備はまだちょっと不安を感じるが、打撃はすごい。

この感じなら生え抜き2桁は固そうだ。

(そういえば去年のオープン戦でも京セラDでHR打ってたような...相性◎?)

試合後に嶋と細川がにこやかに話していたシーンがあったが、やっぱり心強い。

そしてペゲーロ、シーズン47本ペース。

そんな数は期待しちゃいないが、3人のうち常に誰かが調子よいようなら、

打線の大崩れは少なそう。

 

お次は本拠地でホークス戦。

苦しい勝負だが、食い下がってほしい。

武田、千賀、バンデンのどれかに風穴を開けられれば先が見える。

 

にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村

>楽天イーグルスMyHEROパペット #5茂木

価格:3,200円
(2017/4/2 18:39時点)
感想(0件)

>楽天イーグルス MyHEROブランケット 銀次#33

価格:1,000円
(2017/4/2 18:40時点)
感想(0件)