いきなり疲れた開幕戦 消耗戦制す!

美馬VS金子で始まったシーズン。

スルスルと振り返りたい。

 

開始前はロースコアの展開かと思われたものの、

開けてみたら金子の調子がかなり悪そう。

というよりもキャッチャーの若月とのコンビがうまくいかず、

リズムがの悪さが守備に伝染して、四球を出すわまずい守備も連発で

楽に3点をいただく。

 

5回表は銀次の狙いすましたHR。今年は期待できそう。

銀次というとやはり対エースに強い印象がある。

 

しかーし5回裏であった。

あれ金子に勝てちゃうじゃん?という雑念が楽天サイドに広がったところを突かれる。

そこまで相手をきりきりまいさせていた美馬が連続ヒットの後に

代打伊藤光にきれいにタイムリーを浴びる。

先発マスクを取れなかったうえに、

金子の残念な姿を見て、きっとベンチでやきもきしていたに違いない。

伊藤光が代打で出てきたときに金子が復活しそうで「まずいな」と思ったら、

さらにまずいことにタイムリーを打たれ、

しかも2アウトから安達に逆方向への3ベースで一気に4-3に追いつかれたのだった。

この3ベース、普通にファールかと思ったら予想外に伸びてフェン直、

打った安達も「ファールだな...」と思っていただろう。

フェン直とはいえ3ベースになったのはペゲーロのまずい守備のせい...。

 

ここで今回のスタメンのポイント。

ひとつはオリックスのキャッチャーが若月だったこと。

もうひとつはオープン戦の様子からも2番銀次かと思っていたのに、

1番茂木、2番ペゲーロ、3番ウィーラー、4番アマダーという

外国人トリオを2番から並べる奇襲オーダーを組んだこと。

 

6回、オリックスは金子から吉田一将に投手交代。

吉田のピッチングは体格がいいし力感があって見事に6,7回を抑えられてしまう。

今年は要注意ピッチャーになりそう...。

嫌なムードだったが美馬はしっかり6回を抑える。

7回に美馬から濱矢にスイッチ。

この継投には「!?」だった。

濱矢は3球目の直球をT-岡田に一閃されて4-4。暗雲が立ち込める。

結果だけ見た方は濱矢2軍直送じゃボケェ!とあきれ果てるだろう。

 

しかし、映像で見てた限り、

吉田の投球に引っ張られたのか濱矢の投球は悪くなかった、

というか勢いが感じられて自分としては「おっ!」と思ったのである。

それがきれーいにスタンドにぶち込まれた。個人的には事故の部類だと思ったのだが、

あまりにタイミングの悪い事故だった。

梨田監督も期待して送り込んだだろうに、

たった3球の登板でへし折られてしまったのではないかと心配である。

濱矢、次あるぞ!

濱矢のあとはひっそりとしっかりとルーキーの森原が締める。

 

そのあとは4-4のままリリーフ勝負。

8回を海田-福山、9回平野-松井裕樹が抑える(平野はまるで歯が立たない感じ)。

延長になり、10回オリックスはルーキーの黒木を送る。

思い切りのいいストレートとカーブのコンビネーションをやられて初見では太刀打ちできず(この投手も今シーズン注意だ)。

10回裏はもっかい松井裕樹。いつもどおり危なっかしく抑える。

 

このまま引き分けもあるかもと思った11回。

オリックスはまたまたルーキーの沢田を登板させる。

これの投手もなかなかのクセもちで、投げる瞬間に手首をこねるのかわからないが、

タイミングがずれるのである。

先頭の嶋は自慢の粘りも出せずに三振してしまう。

「こりゃ初見じゃ無理だなぁ」とまた思ったのだが、

めぐりあわせの妙が起こる。

ネクストバッター、茂木栄五郎。早大出身。

対する沢田は立大出身。

そう、彼ら大学時代に対戦経験がある!

気づいた瞬間だった、茂木が右中間にふわっとした打球を落とした、

しかも打球を見るや、一気に2塁にむしゃぶりついたのである。

ライト前2ベースで一気に勝ち越しのチャンスメイク。

沢田にプロの先輩としての姿を見せつけたのであった。

茂木...なんじゃこの2年目...

 

さて、ルーキーの沢田。

もちろん本日初登板。しかも延長11回。

プロで先に頭角を現していた茂木に打たれて一気に負け越しのピンチ。

顔から血の気が引いたのが見て取れた。

ここでペゲーロである。

こんなでかいバッター今まで対戦したことないだろうに、しかもこの状況である。

なんだか回の頭の投球とは明らかに球質が違っていた。

案の定コントロールが乱れる。

3球目、ボールが外れてペゲーロがのけぞった。

この192センチの巨漢はここで沢田をジロっと見たのであった(一瞬だけど)。

ここで勝負は決していたのではないかと個人的に思っている。

次の球。

真ん中に来たボールをペゲーロのバットが真芯でとらえる。

落ちてこないボールはバックスクリーン最上段にぶち込まれたのであった。

6-4!

 

11回裏、ハーマンがファンの誰もが望まない劇場を開く。

しかしさすがハーバードというべきか、冷静に一人一人打ち取ってゲームセット。

もうね、すっごい疲れた。

 

そんなわけで辛くも開幕戦を勝利!

美馬に勝ちがついてたら申し分なかったが、

負けてたらハーマンがドミンゴやサンチェスになり果てて、

初戦から黒い霧につつまれるところだったので危機一髪というかんじだ。

 

梨田監督の采配について、

濱矢はまぁ残念だけど、継投失敗といえる。

美馬は80球で降板だが、今年もこんな感じ?

オリックスと違ってルーキー森原を早めに使うことができ、

緊張する場面を松井裕樹に回跨ぎさせて守ったのは良い判断だったといえそう。

そしてペゲーロの2番起用が大当たりだった。

オリの福良監督も代打策や9回までの継投はうまくかみ合っていて、

どっちに転んでもおかしくない展開だったといえる。

ビジターでよく延長戦を制した。

 

そのほか印象にのこったこと

今江好調維持でGOOD

ウィーラー、3回にゲッツーを免れるナイスラン+その後盗塁を決めて驚かされた

聖澤せっかくのスタメンなのに打てないばかりか終盤の盗塁もあっさり失敗

美馬は今年もやってくれそう

 

初戦から見どころの多い試合で、

素直に野球の始まった喜びと胃が縮む感覚を思い出す1戦だった。

 

にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村

>【4月上旬頃発送予定】楽天イーグルス Majestic[マジェスティック] MyHEROユニフォーム《ホーム》ペゲーロ#54

価格:8,500円
(2017/3/31 23:56時点)
感想(0件)

>楽天イーグルス Majestic[マジェスティック]レプリカユニフォーム【ホーム】美馬学#31

価格:8,500円
(2017/3/31 23:55時点)
感想(1件)