イヌワシ打線2017を考える

1月も半ばまできて、久米島キャンプまであともう少し、

ファンにとっては苦しみのシーズンオフももうひと辛抱だ。

 

今回は2017年のイーグルス打線を考えてみる。

先発陣の考察(イヌワシ先発陣は盤石? - 白線から落ちたらマグマ)は割と楽しみが多かったのだが、

万年貧打に悩まされている楽天打線について考えるのはちょっと怖い。

 

守備位置から候補を挙げていきたいと思う。

①捕手 嶋、足立、細川

一番悩みのないポジションである。

昨年も嶋の不在を足立が埋めたが、今年は細川が加わったのでさらに安心感がある。

今の楽天では、捕手は3人制が良い気がする。

調子のよい選手を積極的に代打で使い、足立と細川も高頻度で試合に使うのが楽しそう。

 

②遊撃手 茂木、吉持、阿部、三好

一番選択肢がなくウィークポイントであるがゆえに決めやすい。

もちろん茂木には期待しているが、体が細くてまだ1年頼りするのは危うさを感じる。

個人的には吉持の身体能力に期待しているので、打力に目をつぶって少しチャンスをあげてほしい。

世代交代とはいえ後藤を戦力外にしたのは意外だった。西田は今年正念場だろう。

どろんこ3兄弟の一角の阿部が、何気にスーパーサブのポジションを確固たるものにしていてファンの期待とは違う方向で戦力になっている。

岩崎を戦力外にしたということは、阿部が認められたということなのでそこは嬉しい。

 

二塁手 藤田、三好、阿部

ここも選択肢が少ないが、茂木に比べたら藤田は安定感がある。

ボールを取ってからの速さはマジックみたいだし、

常に自分の期待よりは打ってくれる。チャンスに強いのもありがたい。

ただ、年齢に不安もあるので三好もコツコツ育てたいところ。

 

中堅手 島内、聖澤、オコエ、福田

開幕スタメンはキャンプとOP戦次第だろうか。

順当なら去年後半に活躍した島内。ただ聖澤も同じくらい期待が持てる。

将来的にはオコエにどっしりセンターをやってもらいたいので、

今年のオコエは1軍スタメンor2軍スタメンとはっきりさせて経験を積ませたい。

マー君のようなラッキーボーイ的な存在だと思うので、

スタメンで使っていくのは大いにありだと思う。

福田もプレシーズンで大いにアピールして1軍入りというのがありそう。

基本的には調子のよい人を使うポジションであり、みんなパッとしないときはオコエ。

 

こっからは混沌なので一気にいきます。

右翼手 岡島、ペゲーロ、松井稼

左翼手 ウィーラー、ペゲーロ、桝田

一塁手 銀次、中川、今江、内田

三塁手 今江、ウィーラー、内田、銀次

指名打者 アマダー、ペゲーロ、桝田、松井稼、中川

理想は同い年外国人トリオが昨シーズンの好調を維持すること。

これがはまればAクラスは固い。

 

ついでに銀次が3割打てて、今江がしっかりコーナーを固めてくれれば優勝も狙える。

ただ、以上のメンツがけがや不調となると昨シーズン同様一気に負けこむだろう。

桝田、内田、中川、松井稼は調子次第での起用となるだろうが、

代打枠でいかに結果を残せるかで梨田監督のやりがいも変わってくる。

 

ここまでをまとめて打線を組んでみる。

1 中 島内

2 遊 茂木

3 左 ウィーラー

4 指 アマダー

5 一 銀次

6 右 ペゲーロ

7 三 今江

8 捕 嶋

9 二 藤田

控え 足立 細川 阿部 聖澤 中川 桝田 岡島

これならだいぶ心強い打線である。2~7番はいじりがいがある。

ウィーラーをサード、ペゲーロをレフトで、ライトに岡島をいれるパターンもあるが、

今江か岡島かで悩ましい。

外野に外国人2人だと守備がさびしいが、うーむ...。

 

外国人の不調などで攻撃力が下がってしまう場合には、

捕手2人制にして攻撃力のあるメンバーを追加。

 

やはり組んでみると難しい。

ただ一番大事なのはその時々で調子のよい人を使うことだと思う。

松井稼・桝田・中川・内田あたりは調子次第でスタメンだっていい。

三好の育成やフェルナンドを使うのもありだし、ホント難しい。

 

やってみると監督業の難しさがわかりますな。

長くなってしまって失礼しました。

 

にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村

楽天イーグルス Majestic[マジェスティック] MyHEROユニフォーム2016《ホーム》嶋基宏#37

価格:8,500円
(2017/1/14 19:30時点)
感想(1件)

楽天イーグルス ベビー ロンパース ≪東北・黄緑≫

価格:2,800円
(2017/1/14 19:28時点)
感想(0件)