梨田監督の冴える采配 土壇場でまた...

今日は前半スマホで点数だけ確認しつつ、

映像を見たのは7回終了から。

おかげでおいしいところだけ観てしまった。

 

序盤から連敗ストップに燃えるオリックス 西にうまいように抑えられ

0-4で迎えた8回表、

西といえば制球力で相手を手玉にとるピッチャーだが、

トップバッターは楽天打線随一の粘っこさを誇る嶋。

 

2ストライクまで攻められながらも、ファール、ファールと粘ってフルカウント。

四球を恐れたか甘く入ってきた直球をクリーンヒット、西の頭上を越えていった。

他のバッターがあっさりやられたために

8回まで87球、完封も見えていたバッテリーにとっては

嫌らしいことこのうえなかっただろう。

 

この粘りで球場の空気が不穏になる。

ネクストバッター、茂木栄五郎。

彼には球数など関係ない。ストライクゾーンの球を打つ。初っ端から。

いつもどおりのフルスイングで打った初球は逆方向。

レフトフライ...?...フェン直...?...スタンドイン!?

恐るべき2年目選手が、球場の不穏な空気をより確かにしたのであった。

 

2-4となって、ここで西は交代。代わってルーキーの黒木。

新人のくせにやけに重用されている。

オリックスブルペン事情はそんなに詳しくないが、

自分としては苦しい采配に映る。

 

押せ押せムードの楽天、次のバッターは2番ペゲーロ。

 オリ 黒木もストレートだけで2-2に追い込むが、

初めて投げた変化球をペゲーロが捕らえてライト前。よほど調子がいいのだろう。

 ウィーラー、アマダーは凡退するものの、

それぞれ6球ずつ投げさせていて黒木の汗を引かせない。

しかもアマダーの打席にキャッチャーが弾いたボールで

1塁ペゲーロが果敢にチャレンジ、2塁を陥れた。

じわじわとルーキーに迫る楽天の猛火。

 

5番銀次も粘る。

2球で追い込まれながらも黒木渾身の球をカットしていく。

ルーキーにはタフすぎる場面、銀次は徐々に自分のバッティングを手繰り寄せていた。

気づけばフルカウント、8球目のスライダー。

甘く入るは銀次の据え膳。

センター前に落とし込んで、ペゲーロが帰ってきた。3-4。

その後、好調今江が連打するものの、島内が凡退してチェンジ。

しかし、茂木からの好打者、恐打者の繋がり、

かなりのプレッシャーになることを再確認。

 

その裏、投手は福山にチェンジ。

開幕から3連投で、本当に頭が下がる。

しかも彼は勝ってても負けてても投げるイヌワシ軍団の遊撃隊である。

3-4とビハインドながらも、追い上げムードに水は差さない。

ヒットを打たれるものの、ゲッツーでクリアランス。チェンジ。

オリックスはムードを貼り返す機会を失する。

 

9回表、オリックスは守護神、平野。

開幕戦では1人別次元のピッチングで楽天打線を切り裂いた。

先頭は8番、岡島。

いい球が投げられているものの、岡島手を出さずにボール先行。

あれ、四球あるぞ、と思ったらストライクでフルカウント。

6球目、打ったボールは平野の足元、抜ける。センター前。

グッジョブ岡島。スタメンを守るために必死である。

 

9番嶋は送りバント。同点のランナーを二塁に。いい味だしてます。

 

1番、茂木。相手バッテリーには初球攻撃の恐怖が染みついている。

いきなりフォーク。なおもフォーク。さらにフォーク。

岡島に対しては直球のみだったのに一転してフォーク連投。

あっという間に追い込まれるが、茂木もフォークに合わせて粘る。

なんとかバットにかすらせたが、結局6球目で空振り三振。

平野が立ちふさがる。

 

2アウトになってペゲーロ。今日3安打。次のウィーラーは開幕からノーヒット。

1塁が空いているが、果たして...。

平野の初球はフォーク。低めでボール。

2球目も落とす。空振り。

どうやらくさいところついてカウント悪くなったら歩かせる算段のようだ。

3球目もフォーク。はずれる。

4球目もフォーク。ちょっと浮いたが外角にはずれる。カウント3-1。

 

フォークというのは結構握力を使うボールだと聞いたことがあったが、

はてフォーク何球続けるのかしら、とふと思う。

まあ茂木にペゲーロだからわかる気もする。

 

ペゲーロへの5球目(平野フォーク7連投)。

ボール浮いた...ペゲーロ振った...ボールは高々と上がる、

オリックスのセンター駿太、こちら向き。「あー上がりすぎたかぁ...」

駿太、振り返る...「え?」

ボールの着地はフェンスの上の上の上....バックスクリーン最上段!!

「ファッ!?」

 

おととい見たような特大弾で5-4。9回2アウトから勝ちをぶんどる。

最後の最後で浮いたフォーク。

どうしてもペゲーロで勝負だったのか...。

 

9回裏はこちらの守護神、松井裕樹

こういう展開には燃える男なのである。

3人ピシャリで、咆哮をあげる。

 

楽天イーグルス、開幕から3連勝。

美馬、辛島、古川でオリックスの表ローテをかち破った。

金・桂馬・歩で飛車・香車・角を取ったようなミラクル。

 

7回までは完全にオリックスだったのに、終盤のちゃぶ台返し

以下、自分の脳内談話

「まじかよ、3連勝かよ」

「8回の嶋から、みんな勝つにはこれしかない!っていうことをやり通したね」

「この感じさぁ」

「あーこれねー」

「「2013年」」

 

まぁまだ3戦目。

そして次は同じく3連勝ホークスのエース3連続。

3タテされるのもしょうがない組み合わせだが、

ここでゆずればホークスの独走が止まらなくなる。

やるっきゃないぜ?

 

この3連戦振り返ると、2番からの外国人トリオが奏功している。

とくにペゲーロの調子のよさに助けられているが、

トリオの後に銀次・今江と続くのもエグイ。

今のところ守備にもほころびはなく、梨田監督の策がはまっている。

 

一方のオリックスはルーキーに頼りすぎたり、

バッテリーの配球でちょっとおや?というのを感じる(自分は野球未経験ですが)。

活きのいいルーキーに活躍の場を与えるのはいいが、

いきなり重い場面で登板させられて、

緊張する上に打たれてしまえば

(プロの実力に自分は見合ってないかもと感じさせてしまったら)、

才能ある若手の芽を摘んでしまうことになりかねない。

(実際、開幕戦でリリーフして負け投手になった澤田は2戦目でも打たれてしまった)

 

一方の梨田監督、1軍にあげた新人の森原・高梨・菅原を

プレッシャーの少ない場面で登板させて結果を出させている。

濱矢は今日も投げさせて微妙だったが、次につながる登板だったはず。

 

開幕前、梨田監督は

「これまで率いてきたチームは2年目に優勝させてきた。信じてついてこい」

と言ったとか。

これまでまったりした発言が多かったのに

急にこんなこと言われたらドキンとしてしまう。

 

そのほか、雑感。

ウィーラーはまだ安打がでてないが、

ベンチではしっかり盛り上げ役をやっていて腐っていない。

打球の角度はあがらないが、いい当たりも出てきているので開花までもうちょいかな。

茂木の守備はまだちょっと不安を感じるが、打撃はすごい。

この感じなら生え抜き2桁は固そうだ。

(そういえば去年のオープン戦でも京セラDでHR打ってたような...相性◎?)

試合後に嶋と細川がにこやかに話していたシーンがあったが、やっぱり心強い。

そしてペゲーロ、シーズン47本ペース。

そんな数は期待しちゃいないが、3人のうち常に誰かが調子よいようなら、

打線の大崩れは少なそう。

 

お次は本拠地でホークス戦。

苦しい勝負だが、食い下がってほしい。

武田、千賀、バンデンのどれかに風穴を開けられれば先が見える。

 

にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村

>楽天イーグルスMyHEROパペット #5茂木

価格:3,200円
(2017/4/2 18:39時点)
感想(0件)

>楽天イーグルス MyHEROブランケット 銀次#33

価格:1,000円
(2017/4/2 18:40時点)
感想(0件)

いきなり疲れた開幕戦 消耗戦制す!

美馬VS金子で始まったシーズン。

スルスルと振り返りたい。

 

開始前はロースコアの展開かと思われたものの、

開けてみたら金子の調子がかなり悪そう。

というよりもキャッチャーの若月とのコンビがうまくいかず、

リズムがの悪さが守備に伝染して、四球を出すわまずい守備も連発で

楽に3点をいただく。

 

5回表は銀次の狙いすましたHR。今年は期待できそう。

銀次というとやはり対エースに強い印象がある。

 

しかーし5回裏であった。

あれ金子に勝てちゃうじゃん?という雑念が楽天サイドに広がったところを突かれる。

そこまで相手をきりきりまいさせていた美馬が連続ヒットの後に

代打伊藤光にきれいにタイムリーを浴びる。

先発マスクを取れなかったうえに、

金子の残念な姿を見て、きっとベンチでやきもきしていたに違いない。

伊藤光が代打で出てきたときに金子が復活しそうで「まずいな」と思ったら、

さらにまずいことにタイムリーを打たれ、

しかも2アウトから安達に逆方向への3ベースで一気に4-3に追いつかれたのだった。

この3ベース、普通にファールかと思ったら予想外に伸びてフェン直、

打った安達も「ファールだな...」と思っていただろう。

フェン直とはいえ3ベースになったのはペゲーロのまずい守備のせい...。

 

ここで今回のスタメンのポイント。

ひとつはオリックスのキャッチャーが若月だったこと。

もうひとつはオープン戦の様子からも2番銀次かと思っていたのに、

1番茂木、2番ペゲーロ、3番ウィーラー、4番アマダーという

外国人トリオを2番から並べる奇襲オーダーを組んだこと。

 

6回、オリックスは金子から吉田一将に投手交代。

吉田のピッチングは体格がいいし力感があって見事に6,7回を抑えられてしまう。

今年は要注意ピッチャーになりそう...。

嫌なムードだったが美馬はしっかり6回を抑える。

7回に美馬から濱矢にスイッチ。

この継投には「!?」だった。

濱矢は3球目の直球をT-岡田に一閃されて4-4。暗雲が立ち込める。

結果だけ見た方は濱矢2軍直送じゃボケェ!とあきれ果てるだろう。

 

しかし、映像で見てた限り、

吉田の投球に引っ張られたのか濱矢の投球は悪くなかった、

というか勢いが感じられて自分としては「おっ!」と思ったのである。

それがきれーいにスタンドにぶち込まれた。個人的には事故の部類だと思ったのだが、

あまりにタイミングの悪い事故だった。

梨田監督も期待して送り込んだだろうに、

たった3球の登板でへし折られてしまったのではないかと心配である。

濱矢、次あるぞ!

濱矢のあとはひっそりとしっかりとルーキーの森原が締める。

 

そのあとは4-4のままリリーフ勝負。

8回を海田-福山、9回平野-松井裕樹が抑える(平野はまるで歯が立たない感じ)。

延長になり、10回オリックスはルーキーの黒木を送る。

思い切りのいいストレートとカーブのコンビネーションをやられて初見では太刀打ちできず(この投手も今シーズン注意だ)。

10回裏はもっかい松井裕樹。いつもどおり危なっかしく抑える。

 

このまま引き分けもあるかもと思った11回。

オリックスはまたまたルーキーの沢田を登板させる。

これの投手もなかなかのクセもちで、投げる瞬間に手首をこねるのかわからないが、

タイミングがずれるのである。

先頭の嶋は自慢の粘りも出せずに三振してしまう。

「こりゃ初見じゃ無理だなぁ」とまた思ったのだが、

めぐりあわせの妙が起こる。

ネクストバッター、茂木栄五郎。早大出身。

対する沢田は立大出身。

そう、彼ら大学時代に対戦経験がある!

気づいた瞬間だった、茂木が右中間にふわっとした打球を落とした、

しかも打球を見るや、一気に2塁にむしゃぶりついたのである。

ライト前2ベースで一気に勝ち越しのチャンスメイク。

沢田にプロの先輩としての姿を見せつけたのであった。

茂木...なんじゃこの2年目...

 

さて、ルーキーの沢田。

もちろん本日初登板。しかも延長11回。

プロで先に頭角を現していた茂木に打たれて一気に負け越しのピンチ。

顔から血の気が引いたのが見て取れた。

ここでペゲーロである。

こんなでかいバッター今まで対戦したことないだろうに、しかもこの状況である。

なんだか回の頭の投球とは明らかに球質が違っていた。

案の定コントロールが乱れる。

3球目、ボールが外れてペゲーロがのけぞった。

この192センチの巨漢はここで沢田をジロっと見たのであった(一瞬だけど)。

ここで勝負は決していたのではないかと個人的に思っている。

次の球。

真ん中に来たボールをペゲーロのバットが真芯でとらえる。

落ちてこないボールはバックスクリーン最上段にぶち込まれたのであった。

6-4!

 

11回裏、ハーマンがファンの誰もが望まない劇場を開く。

しかしさすがハーバードというべきか、冷静に一人一人打ち取ってゲームセット。

もうね、すっごい疲れた。

 

そんなわけで辛くも開幕戦を勝利!

美馬に勝ちがついてたら申し分なかったが、

負けてたらハーマンがドミンゴやサンチェスになり果てて、

初戦から黒い霧につつまれるところだったので危機一髪というかんじだ。

 

梨田監督の采配について、

濱矢はまぁ残念だけど、継投失敗といえる。

美馬は80球で降板だが、今年もこんな感じ?

オリックスと違ってルーキー森原を早めに使うことができ、

緊張する場面を松井裕樹に回跨ぎさせて守ったのは良い判断だったといえそう。

そしてペゲーロの2番起用が大当たりだった。

オリの福良監督も代打策や9回までの継投はうまくかみ合っていて、

どっちに転んでもおかしくない展開だったといえる。

ビジターでよく延長戦を制した。

 

そのほか印象にのこったこと

今江好調維持でGOOD

ウィーラー、3回にゲッツーを免れるナイスラン+その後盗塁を決めて驚かされた

聖澤せっかくのスタメンなのに打てないばかりか終盤の盗塁もあっさり失敗

美馬は今年もやってくれそう

 

初戦から見どころの多い試合で、

素直に野球の始まった喜びと胃が縮む感覚を思い出す1戦だった。

 

にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村

>【4月上旬頃発送予定】楽天イーグルス Majestic[マジェスティック] MyHEROユニフォーム《ホーム》ペゲーロ#54

価格:8,500円
(2017/3/31 23:56時点)
感想(0件)

>楽天イーグルス Majestic[マジェスティック]レプリカユニフォーム【ホーム】美馬学#31

価格:8,500円
(2017/3/31 23:55時点)
感想(1件)

イーグルス2017 開幕前夜

いよいよ明日、2017シーズンが開幕する。

 

ここそこでこの時期恒例の順位予想がされているが、

われらがイーグルスは3~6位の位置(おおむね4,5位)にはめ込まれている。

まぁプロの評論家とはいえ、順位予想ばっかりは十中八九外れるのが普通なのだが、

客観的に見た戦力としてはやっぱりその位置らしい。

 しかし、岸の加入によってイーグルスを台風の目とみる向きもあるようだ。

 

 ここで自分の順位予想。

パ      セ

1 ソ    1 広

2 日    2 ヤ

3 ロ    3 巨

4 楽    4 阪

5 オ    5 De

6 西    6 中

ファンのくせに夢がなくてすんません...

でも楽天ファンの基本スタンスはダメな子の応援だと思うんです。

 

頭の中でシーズンの浮き沈みを想像してみるのだが、

やはり去年よりは打線も投手陣もいいはずだ。

シーズンを想定して心配になったのは内野陣の層の薄さだ。

外野と捕手は代えが効くものの、

藤田や茂木が疲れてきたときに阿部や三好では迫力に欠ける。

そう思えば銀次のセカンド起用はかなりいいとこ突いていると思う。

サード、ファーストは今江とウィーラーもいて厚く、

そのうえ内田と中川も調子が上がったときに使いたいので、

そんなときに銀次も併用できるというわけだ。

吉持なんかが出てくるとだいぶ楽になる。

 

開幕投手は美馬になったけど、これも梨田監督を評価したい。

相手は金子なので無理に則本でいって負けると

チーム全体が「WBCがなければ...」「岸がインフルにかからなきゃ...」という

呪縛にとらわれて重いスタートになる。

美馬ならチームの立ち位置的にも実力もピッタリだ。

逆にオリックスには勝って当然のプレッシャーがかかる。すばらしい。

 

とはいえ開幕から苦しい立ち上がりになるだろう。

まずは安樂が復帰するころに3,4位にいられるように粘ってほしい。

森・古川・辛島の少なくとも1人、ローテにふさわしい活躍が求められる。

 

そんなわけでドキドキの2017シーズン開幕だ。

 

にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村

>楽天イーグルスMajestic[マジェスティック]ネーム&ナンバーTシャツ【ビジター】美馬学#31

価格:3,500円
(2017/3/31 00:16時点)
感想(1件)

>楽天イーグルス MyHEROタオル2016美馬学#31

価格:1,000円
(2017/3/31 00:16時点)
感想(0件)

わたくしはただのしがない下級メタファーです(書評:騎士団長殺し 第2部遷ろうメタファー編)

騎士団長殺し 第2部 遷ろうメタファー編」 村上春樹 新潮社

ようやく読破!

表現:5 展開:5 ユーモア:4 総合評価:5

 

延べ1000ページを超える長作を読み終えました。

前半の感想はこちら

春樹ワールド炸裂(書評:騎士団長殺し 第1部顕れるイデア編) - 白線から落ちたらマグマ

 

先に言っちゃうけど、マジでメタファー遷ろっちゃったよ...。

読む前はなんかもっと抽象的な意味のサブタイトルだと思ってたのに、

イデアは顕れるし、メタファーを遷ろっちゃったよ。

なんかそれがもう村上春樹の作品でしかできないことだなぁと感じ入って、

読みながらうんうん頷いていた。

 

さて、ここに何を書いたもんか悩ましいのだけれど、

今回の作品はこれまでの村上作品にくらべると

かなりわかりやすいストーリーだったように思う。

第1部で広げたものの回収もあったし、

目的と手段と脅威の存在がはっきりしていたので、

いつも通りのファンタジックな展開でも「そうかそうか」と受け入れやすかった。

それはもしかすると自分の村上春樹経験値の高さによるものかもしれないけれど。

 

メタファーを遷ろう前に、

騎士団長殺しが達成されるわけなのだが、

(普通の人には何言ってんのかわからないため軽いネタバレは問題ないことに気づく)

その運命的な展開を読んだときは身震いした。

そして下級メタファーが現れるのである。

(自分はここでハリーポッターのドビーを思い出した)

 

こういうストーリー自体はすごく納得がいく。筋が通っている。

ただ、立ち止まって考えると、

この騎士団長とは何を表していて、これを殺すとはどういうことを意味するのか

ということは自分で考えていくしかないわけである(ヒントは結構出されているが)。

 

その後のメタファーの川を渡って無と有の狭間を移動するという行動は

まさに村上春樹のエッセンスが詰まっているように感じた。

こんな発想は彼しかできない。

 

さて、イドという言葉がある。

これは精神学分析学の用語で無意識の部分のことをいう。

 

Structural-Iceberg-ja.svg

春樹作品でよくでてくる井戸の穴は、

このイドを指しているのではないかと言われているが、

春樹作品を読んでいると、

自分のなかのイド、あるいは超自我のようなものが

彼の文章に引きずり出されるような心地がする。

(そもそもそれらがどういうものか自分で判別できないわけだが)

 

精神分析学なんてことを出されたら、

村上春樹の作品がどうしてうまく解説できないかわかってもらえることだろう。

そもそも自分で認識できてない裏の意識の事柄を言葉で説明できるわけない。

 

なんだか過去の春樹作品をまた読みたくなってきた(うずうず)。

おそらくは「ねじまき鳥クロニクル」や「海辺のカフカ」、「1Q84」も

扱ってるテーマは変わらないはずなのだ。

 

この書評を読んで意味不明な解説にもやもやして

村上春樹の本を手に取ってもらえればうれしい。

 

 

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

騎士団長殺し 第1部 顕れるイデア編 [ 村上春樹 ]

価格:1,944円
(2017/1/10 23:30時点)
感想(0件)

騎士団長殺し 第2部 遷ろうメタファー編 [ 村上春樹 ]

価格:1,944円
(2017/1/10 23:31時点)
感想(0件)

安樂故障 犬鷲投手陣の開幕に暗雲

楽天ファンに悲しいニュースが、、、headlines.yahoo.co.jp

OP戦で次世代エースの予感を響かせていた安樂がまさかの負傷、開幕絶望。

おまけに足立とアマダーがインフルエンザで離脱と泣きっ面に蜂状態。

なぜよりによって開幕前に...

 

OP戦の調子は上がり気味と捉えられるものの、

自慢の新先発陣に暗雲が立ち込めている。

こっちは安樂がフルシーズン活躍して二桁勝つ算段でいたのに...

岸 開幕投手内定 キャンプ雑感 - 白線から落ちたらマグマ

 

当初、

則本ー塩見ー安樂

岸ー美馬ー釜田

の盤石のローテを考えていたのに、

ふたを開ければ安樂も塩見も目処が立たなくなっている。

イヌワシ先発陣は盤石? - 白線から落ちたらマグマ

 

そんなわけで代わりとなる先発陣を目下みんなで探り中である。

OP戦の感じだと森、古川、辛島あたりが入ってきそうだが、なんとも不安。

ただ辛島を使うくらいなら森、古川のNext世代に託してみたほうがロマンはある。

森に関してはもう1軍で使わないことには伸びしろをつぶしかねない気がするので、

森にとってもチームにとってもいい契機になるかもしれない。

 ...とポジティブ思考してみる。

 

不安なのは先発陣だけではなく、

チーム創設からの根深い問題である、貧打と中継ぎの問題は今年も悩まされそう。

うちの打線が脅威に思われるには外国人トリオの活躍が必要不可欠になる。

 しかしペゲーロは調整が遅れ気味でアマダーはインフルエンザで明るくない。

中継ぎは新人の森原や高梨が救世主になりそうだが、

福山がぴりっとせず(かなり心配)、青山・金刃もまだ2軍と

大車輪になるべきメンツがそろっていない。

 

もう開幕も目前。

地力がないうえにそれも発揮できないとなれば前半戦が苦しくなるのは必至である。

開幕から梨田監督の手腕が問われそうだ。

良い意味で問われない展開になるといいのだけれど...

 

楽天の選手は逆境に弱く劣勢にすぐシュンとしちゃうので、

とにかく自分のミッションに専念してほしい。

打席での粘り、走塁の意識、そういう姿勢で良い雰囲気を呼び寄せてほしい。

 

にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村

>●【数量限定:10個まで!】【指定医薬部外品】リポビタンD 100ml×10本

価格:1,034円
(2017/3/26 09:03時点)
感想(0件)

>東北楽天ゴールデンイーグルスEagles Magazine[イーグルス・マガジン]第99号(2017年4月号)

価格:700円
(2017/3/26 09:05時点)
感想(0件)