読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カッコよさに定義はあるのか

日常

家のネット環境が狂って、気づけば1週間もネットなしの生活になってしまった。

イーグルスオープン戦WBCや書評など

更新したい内容がこんなときにこそ湧いてくるというのに!

原因不明のネット回線は要因不明に突如回復して、

とりあえず、リハビリにどうでもいいことを書いてみる。

 

近年、SNSの発達とともに自撮りが一般化している。

残念ながら地鶏ではない。痔取りでもない。

自分の存在を世界に発信できるツールを得たことで、

誰もがよりよい自分を見せようとあの手この手でだまくらかしている。

 

その最たるものが写真アプリである。

それを使えば黒目パッチリ、薄肌しっとり、

信じる者は救われた気になる神の玩具といってもいい。

 

最近はテレビに出る容疑者や被害者まで加工された写真が使われる。

きっとそれしか写真がなかったんだろう。

写真屋で家族写真をとる習慣は廃れてしまったのだろうか。

でも被害者の真実の顔が守られるのはいいことなのかもしれない。

 

しかし重大な問題がある。

今のところ男性用の加工アプリがないのである。

これ由々しい。

 

女性の美しさというのはある程度定義づけできている。

つまりアプリで加工される目と肌。

では男性は?

うん....。なんでしょう。

 

これがわからないうちは、男性の顔はテレビでさらされ放題である。

いや、男の顔にも女性用の加工アプリが使われれば真実の顔は守られる。

でもそれは場合によっては真実の顔をさらすよりも不名誉なことになりかねない。

 

カッコよさって何なのだろう。

男でも目は大事そうだが、最近イケメン扱いされている人って黒目がちでもないし...。

肌だって大事だけど、ヒゲが生えてたら加工できなくなっちゃうよね...。

 

ここで、男は見てくれじゃなく中身が大事なんだよ、という声があるかもしれない。

いやじゃあ女性は中身はまあまあでいいんすか?となってしまう。

女性は化粧しないと外に出られないから大変なんだぞっ

という苦しみを男性たちに理解されるには、

男性にも確固たる美の像もといカッコいい像が必要なのではなかろうか。

 

そんなわけで締まりのない話でした。

春樹ワールド炸裂(書評:騎士団長殺し 第1部顕れるイデア編)

本紹介

「騎士団長殺し 第1部 顕れるイデア編」 村上春樹 新潮社

ほとんど発売日に手に入れたのにボリューミーで時間がかかった 汗

表現:5 展開:5 ユーモア:4 総合評価:5

 

ここ2週間ぐらい通勤時間に黙々と読み続け、ようやく第1部読破。

しかし130万部出てるとは聞いているが、

近くで読んでいる人をまったく見ないのはどうなってるんだ...

 

村上春樹の作品について筋書きを書いたところで

それは魅力的な書評にはなりえない。

それは彼の書こうとする世界はあくまで日常に根差していて、

そのうえで普通の人が見逃がしている日常に隣接した異世界、脅威、真実について

表現しようとするからだと思う。

 

そういった、「彼が表現したいもの」は定義づけされた言葉をもたない、

しかし彼のたぐいまれなセンスで、

それをどうにか、我々が使うすでに定義づけされた言葉で表象していくのが

村上春樹作品の特徴だと思う。

自分は初めて彼の作品を読んだとき(読書歴の浅いとき)、

巻き起こった胸のざわざわを「そうか、これが文学か!」と解釈したのであった。

 

説明が長引いたが、例えば普通のミステリーなら

初期設定と初めのプロットをちょろっと書けば面白さが伝わりそうになるのだが、

村上春樹の場合には初期設定が日常すぎるうえに

起こることも物語にしては普通すぎる。

 

春樹作品を楽しむエッセンスは

筋書きではなくて文章中に散りばめられている。

ストーリーに関係なさそうな登場人物の会話やモノローグが

読者に少しずつ村上春樹が「表現したいもの」の輪郭を作らせていくのだ。

 

ここでやーっと本作の内容に触れたいのだが、

もうばりばりの村上ワールドでした。

妻と別れて別居、一人旅、山籠もり、井戸(みたいな)穴、奇妙な近所づきあい、

人妻とのセックス、変わった子供

ハルキストにここに挙げたキーワードでどの作品か当ててもらおうと思っても

十中八苦、本作を当てることはできないだろう。

 

ただ展開として中盤までホラーっぽくて、

読んでいて自分で唾を飲み込む音が聞こえた。

それにしてもまさか本当にイデアが顕れるとは思いませんでしたよ。

 

さて注意深く書いてみたところで、

この書評を読んでよっしゃ読んでみよ!と思う人はそうそういないと思う。

言い訳っぽいけれど、

自分自身、春樹作品について紹介とか解説とかしたものを読んでも、

まったくどんな中身か想像できたことがない。

 

誰も村上春樹が作品で何を表現しているのか言葉にできないということ自体が、

彼の作品のすごさを表している。ましてそれで毎度大ベストセラーだし。

 

まだまだ折り返し地点に過ぎないが、

遅くとも今月中には第2部も読破したいと思います。

そのときどんな書評を書くべきかを考えるとすでに冷汗が出る...

果たしてメタファーは遷ろうのか!?

 

余談ですが、

作品内で日本のミイラについての紹介があり、

それは山形県に多く見つかっていると記述されていたのだが、

山形出身の自分の母が昔、

山形の家の近所にミイラを保存している寺があって小さい頃に見たことがある、

と言っていたのを思い出してゾクゾクした。

気になる方はぜひ本作を読んでみてね! 笑

 

 

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

騎士団長殺し 第1部 顕れるイデア編 [ 村上春樹 ]

価格:1,944円
(2017/1/10 23:30時点)
感想(0件)

騎士団長殺し 第2部 遷ろうメタファー編 [ 村上春樹 ]

価格:1,944円
(2017/1/10 23:31時点)
感想(0件)

嶋はどうなる!? WBCに思う日本野球界

楽天イーグルス

今年はWBCの年ということで、最近はテレビで日本代表の練習試合を放送している。

しかし楽天ファンにとっては則本がポカポカ打たれ、嶋は試合に出ず、

あまりいい気分はしない。

 

昔のWBCのハイライトもよく映されるが、

メンツを見ると今より明らかに強いメンバーがそろっているように感じられるのは

自分だけではないはずだ。

 

それらを振り返って感じたことがあるので書いてみたい。

一昔前、といっても6,7年前くらいになるが、

当時は戦国パリーグの時代だった。

各球団、スーパーエースを抱えていて、交流戦では(最近もだが)セリーグを圧倒した。

我らがイーグルスでいえば岩隈に田中。

ほかにはダルビッシュ武田勝、涌井に岸、和田に杉内、成瀬と金子など。

メジャーにいったメンツ以外の選手でも

キャリアのなかで旬を迎えた時期がちょうど重なっていたように思う。

ペナントでもスーパーエース同士のロースコアのぶつかり合いがよくあったわけだ。

 

肌感覚なので持論に過ぎないが、

今の野球界のエースは上に挙げた世代と比べると見劣りする。

個人的には則本も岸も現状でそのランクにあるかは微妙なところで、

過去にダルビッシュが相手だった時の絶望感を考えると、

そのレベルに匹敵するのは大谷に加えて千賀と武田が入るかどうかくらいだと思う。

 

それらの自分の感覚が正しかったとしたら、

近年の野球界のホットニュースはその副産物ではないかと思い至った。

たとえばバレンティンの最多本塁打記録。

トリプルスリー達成選手の出現。

そして田中将大の24勝も。

どれも対抗するピッチャーのレベルが下がったとすれば難易度も下がる。

 

以前は、調子のよかったバッターが

ダルビッシュと対戦して3三振とかしちゃってがらっと調子を落とすなんてことがザラだった。

エースと対戦するだけで野手の調子が全シャッフルされる心地だった。

1シーズンかけて挑む記録については、

単純にヒットを打つ確率の低いピッチャーと対戦する機会が減るというだけでなく、

調子を乱す要素が減るという点も大きく作用するはずだ。

 

今回はピッチャーのレベルについての話だが、

バッターのレベルについては上がったのかどうかはよくわからない。

 

今の侍ジャパンを見ると、小久保監督が可哀そうに思えるが、

いっそ弱者の戦いに長けたノムさんに監督をやらせたら面白そうかもと

ちょっと妄想している。

 

にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村

>WBC 全取り扱い選手 侍ジャパン レプリカユニフォーム プリント ミズノ/Mizuno ホーム

価格:5,500円
(2017/3/4 18:52時点)
感想(1件)

>WBC 全取り扱い選手 侍ジャパン レプリカユニフォーム プリント ミズノ/Mizuno ビジター

価格:5,500円
(2017/3/4 18:52時点)
感想(0件)

岸 開幕投手内定 キャンプ雑感

楽天イーグルス

キャンプもだいぶ実践形式になってきましたが、

こんなうれしいニュースが

headlines.yahoo.co.jp

もう何度も触れているけれど、

岸加入!! 則本の沢村賞が見えた!? - 白線から落ちたらマグマ

個人的に期待していたシナリオ通りでにやり。

 

練習試合ではいい選手、まだまだな選手がはっきりとしてきているかんじでしょうか。

期待感に一番騒がれているのが安樂。

思い返せば、ドラフトで彼を引いたときに自分はどちらかといえばネガティブな印象だった。

故障持ちの選手をあえて取るなんて、、、層の薄い楽天で怪我がちの選手取ってる場合じゃないぞ、と。

この選択でイーグルスという球団は話題性重視のドラフト戦略なのだろうかとがっかりし、その頭で2016年ドラフトでは当然田中正義に行くと思っていたのだが、

自分もまだまだだなぁと反省しました。

 

ここ数年買い続けている選手名鑑があるのだけど、

そのなかのチーム評価を見るかぎり、楽天のAクラス入りはなかなか厳しそう。

というか、パ界は世間の評判通りソフトバンク、日ハムの2強時代のようである。

先発陣の評価(5点満点)だけ載せると、

ソフトバンク 5

日ハム 5

楽天 3.5

ロッテ 3

オリックス 3

西武 2

4弱のなかでは先発陣に分があるようだが、単純に西武から岸が移ったのが反映されていて、どこもどっこいどっこいというわけだ。

 

ただ、日ハムは投手大谷の出足が遅れそうなので、

(昨年成績)有原(11勝10敗)、高梨(10勝2敗)だけだと

ソフトバンク

(昨年成績)和田(15勝5敗)、武田(14勝8敗)、千賀(12勝3敗)には

明らかに太刀打ちできなそう。

 

ただ今年の楽天

則本(18勝5敗)、岸(12勝8敗)、安楽(10勝6敗)、美馬(10勝8敗)

ぐらいになるのでAクラスいけるぜっ!というのが個人的妄想。

 

今年のキャンプで梨田監督が走塁改革に乗り出しているが、

経験ある監督というだけで、デーブ監督時代とは違った趣に感じられるから不思議だ。

自分が思うには楽天の選手は盗塁できる人は少ないので、

①リードを大きくする(走らない)

②タッチアップの意識向上

③エンドラン多用

がポイントだと思う。

野村監督時代も星野監督時代もちゃんとできていたので、監督がまともならできるはずです。

とくにコンタクトのうまいバッター多いのでヒットエンドランはチームに合っていると思うのだけれど。

 

楽天の場合、課題は打撃陣。

外国人の当たりはずれが痛快なシーズンか辛気臭いシーズンかの分水嶺になるので、

活躍を切に願う。

 

にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村

>2017プロ野球オール写真選手名鑑 [ スラッガー ]

価格:979円
(2017/2/24 22:17時点)
感想(0件)

>【3月下旬発送予定】楽天イーグルス Majestic[マジェスティック]プレイヤーズTシャツ岸#11

価格:3,500円
(2017/2/24 22:18時点)
感想(0件)

安心してください、遺伝子だけじゃないですよ(書評:進化論の最前線)

本紹介

「進化論の最前線」 池田清彦 インターナショナル新書

新たに創刊されたらしい新書

完成度:4 有用度:5 わかりやすさ:3 総合評価:4

 

池田さんというのはホンマでっかTVなどでもおなじみの生物学者です。

自分が生物専攻だったために内容が分かりやすいのかは実はよくわかりません 笑

 

とはいえ、生物といえば進化論でしょ、という定型的な考えに一石投じる内容で、

論旨の説明については具体例が多く挙げられていてわかりやすかった。

 

生物の形質は遺伝子で決められているというのはもはや常識の感がある。

以前紹介した本もそんな内容だった。

知るべきか 知らざるべきか ヒトの性(書評:言ってはいけない 残酷すぎる真実) - 白線から落ちたらマグマ

しかし、本書はそういうネオダーウィニズム(自然選択と突然変異による進化論)を否定する内容となっている。

その多くは昆虫記で有名なファーブルの研究を引き合いに出してのことなのだが、

さすが虫好きの池田さんといったところか。

冷静に事象を検討すれば例外なんてボロボロと出てくるのだ。

 

簡単なところでいうとなぜ人はハゲるのかを既存の進化論では説明できない。

以前に、人がハゲているのは水生の時代があったからだ、

クジラもイルカも体毛がないだろ?

という理論を知って、なるほどすげえ!と思っていたのだが、

こちらの本に、だったらアシカやオットセイは体毛生えてるぞと書いてあって

自分の浅はかさを思い知らされた。

 

よく遺伝子か環境かという議論がなされるけど、

確かに遺伝子は前提にある。生れ出たときの遺伝子情報は揺るぎようがない。

ただ、遺伝子は常に使用されているわけではなく、

成長のワンシーンとか、飢餓状態のピンチの時とか、

必要なときにしか使われないのである。

つまり、遺伝子が働くには相応の環境が必要なのだ。

 

環境によって遺伝子の使われ方が変わり、

ずっとその状況が続くとそのまま子の世代にまで遺伝する場合もあるらしい。

これはダーウィンではなく、ダーウィン登場によって棄却されたラマルクの理論である。

(キリンの首が長いのは葉っぱ食べようと首を伸ばしたからだ、という理論)

 

現在の生物学はヒトのゲノムが明らかになって、あらゆる遺伝子が露わになってはいるが、

その使われ方はさっぱりわからん、というのを

久しぶりに自分に思い出させてくれた1冊であった。

 

iPS細胞とかがつくられて、生物の研究はガンガン進んでいるのだけれど、

一方で、ヒトには何十万という遺伝子があって、

60兆もの細胞があって、

それが80年も生き続ける、

そう考えるだけで自分は創造神の存在を考えないわけにいかなくなる。

本当に人間は生物のシステムを制御できているのか?

 

海に雷が落ちたくらいで生物ができるのか?

こんなにも精巧で38億年もの間改良を続けるシステムが偶然の産物?

深淵すぎてぞわぞわする。

 

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

>進化論の最前線 [ 池田 清彦 ]

価格:756円
(2017/2/20 21:40時点)
感想(1件)

>生命科学の静かなる革命 [ 福岡 伸一 ]

価格:756円
(2017/2/20 21:41時点)
感想(1件)